木曜日, 7月 24, 2014

星野源 穴を掘る ギタータブ

星野源 穴を掘る ギタータブ

武道館ライブDVD(ブルーレイ)の詳細がきましたね。まあそれはそれとして。

最近、こういう本を入手しました。(星野源・平野太呂「ばらばら」CD付き)
ファーストアルバム「ばかのうた」の制作前にフォトブックという形式で発売された書籍です。
当然ながら目当ては付属のCDでして、収録曲は以下の通りでした。
ここでは、「ばらばら」「穴を掘る」「インストバンドの唄」「ばかのうた」「スーダラ節」のHomeDemo風の弾き語り演奏が聞けます。
いやいやでもね、これ良いですよ。あまり期待せずに買ったのですが、すっかり気に入りました。
------------
CD収録曲(全8曲収録)
本のイントロ
ばらばら
穴を掘る
選手
インストバンドの唄
ばかのうた
本のアウトロ
<おまけ> スーダラ節
------------

そういうわけで、すっかり気に入ったので今回はこの中から、「穴を掘る」をタブにしました。
PDFファイルのダウンロードはこちらから。

ざっと解説をしておきますと、当初はCapo4のKey=Aフォームでタブを作り始めていましたが(普通はそうでしょう。AフォームかGフォームですよね)、中盤以降のあれこれの音がこれでは出せないことに気づいて、一から作りなおしました。
結論から言えば、Capo2のKey=Bフォームで演奏されてます。「こんなのあり得ないよな?」とブツブツ文句を言いながら最後までタブにしましたが、まあこれはこれで演奏してみると、各所で「なるほどね」という発見もありました。いやいや、でもそれにしても、Key=Bフォームでの演奏なんて(しかもわざわざカポをして)、ちょっとあり得ないですよね。いずれにせよ、この発想は恐るべしです。

そういう訳で(KeyがBフォームのため)ほとんど開放弦は出てきません。タダですら暑いのに、指が痛くなるだけだろうとお怒りの方もいるかもしれませんが、まあそこは頑張ってください。

あとスタジオテイクに合わせて、このタブで演奏すると、ちょっと違和感があるかもしれませんが、今回はフォトブック「ばらばら」Versionということですので、その辺はよろしくお願いします。スタジオテイクより少しだけテンポは遅いです。

次は「ばかのうた」かな。まあその辺は時間が出来ればなので、ぼちぼちと。

※おまけ。スタジオテイクとずいぶんテンポが異なるので、参考用に音源を上げておきました(タブ作成ソフトの自動再生音)。
テンポや奏法が分からない人はこちらの音源を参考にしてください。





0 件のコメント: