火曜日, 8月 21, 2018

SOLO GUITAR NEXT GENERATION フィンガースタイリストのための新世代名曲20 (CD付)


SOLO GUITAR NEXT GENERATION フィンガースタイリストのための新世代名曲20 (CD付)

上手いなあ。最近の人はみんな上手い。
個人的にはJ-popや、ましてやアニメの楽曲はほとんど聴かないけれど、ここに収録されている「紅蓮の弓矢」(進撃の巨人)とか、メチャクチャかっこいいです。

どれも2分弱で終わる曲ばかりで(最終曲「花束を君に」のみ5分強)、1曲を弾ききるのも手頃なので、ギター練習用にオススメです。歌伴奏とギターインストは確かに違う要素もありますが、でもキレイに音を出す練習になるし、ギターインストが弾けるようになると色々と世界も広がるので、時間をかけて試してみる価値はあると思います。
20曲分のタブ譜、演奏CD付き、動画へのリンク付き、と至れり尽くせり。これで2千円は安かったです。






日曜日, 8月 12, 2018

高野寛 「確かな光」 「Free」 ギタータブ

高野寛 「確かな光」 「Free」 ギタータブ

2014年の高野寛さんのアルバム「Trio」から2曲。
このアルバムは割に好きなアルバムで、特にこの2曲はアコギの音が印象的だったので、ざっとタブにしました。

「確かな光」:タブ譜のダウンロードはこちらから。
「確かな光」はイントロ部の一廻しが、そのまま最後まで続きます(Aメロとサビが同じ進行なので)。不思議なタイミングで不思議な装飾音が入るので、歌いながらこのまま弾くのはかなり慣れないと困難かも。Capo4です。
てっきり2011年の震災の後に書かれた歌だと思ってましたが、実際には2004年のアルバムのタイトルチューンですね(2014年の「Trio」ではセルフカバーの演奏です。僕が初めて聴いたのはこちらの方)。
とても美しい歌詞を持った曲です。初めて聴いた時、「朝、目覚めたら、わけもなく泣いてた、闇の中でさまよって、抜け出せなくて」 の一節に、何故だか「ハッ」としました。理由は自分にも分からないけれど。

「Free」:タブ譜のダウンロードはこちらから。
「Free」はYouTubeの動画を参考に取ってみました。イントロ部とAメロがほとんど同じなので、とりあえずイントロ部の4小節のみをタブにしていますが、そのままAメロ部として読み替えてください。歌が始まってからのAメロ部では、Em9のところで2弦の3フレットの音はほとんど聞こえません。その辺りは省略可能ですが、仮にその音(2弦3フレット)が鳴っていても不自然ではないです。Capo2です。
サビ部(5小節目以降)は簡単に書いています。コード譜と思ってください。可能であればボサノバ風に。

この「Trio」というアルバムは、確かリオデジャネイロに単身乗り込んで、レコーディングしたもので、高野さん以外は皆、現地のミュージシャンだったはずです。アルバムのアコギは高野さん自身の演奏。最初にギターだけを録音しようとしたら、向こうのプロデューサーに「なんで歌いながら弾かないんだよ?」と言われたので、歌とギターは同時演奏だそうです(どこかのインタビューでそう答えていました)。
とても良いアルバムです。Apple Musicでも聴けるので、Apple Musicの会員の方は時間のある時にでも聴いてみてください。(Spotifyには残念ながら見当たらず)


「確かな光」は01:50~辺りから

「Free」