水曜日, 10月 30, 2013

斉藤和義 パズル ギタータブ

斉藤和義 パズル ギタータブ

あまり、他のアーティストへの提供作品を追いかけてまでは聞かない方なので、不勉強にしてこの曲は未チェックでした。しかし良い曲ですね。

錦戸くんとのアコースティック映像はこの辺とか(演奏部のみ)
http://vimeo.com/29093743

この辺にありますので(トーク+演奏部)
http://www.dailymotion.com/video/xh45qx_%E3%83%91%E3%82%BA%E3%83%AB_music

ざっくりとしたコード譜に近いですが、上記の動画を参考にタブにしておきました。
(斉藤さんバージョンは、Keyは同じでコードストロークです)

PDFファイルのダウンロードはこちらから


こんなこと言ってもしょうがないのですが、これ、スマップが歌ってたら、「夜空ノムコウ」に匹敵するくらいの名曲として、世間に知れ渡ったんじゃないかな。

火曜日, 10月 29, 2013

斉藤和義 「斉藤」 「和義」 アルバム評

斉藤和義 「斉藤」 「和義」 アルバム評

さて、毎日がバタバタできちんと聞けてなかったアルバムですが、ボチボチと聴き始めています。
思ったことなどをあれこれと。

○既発のシングル曲だらけなので、「斉藤」はもはや買わなくてもいいかな?と思っていたけれど、頭から一気に聞いていくと、意外にも楽しく聞けた。曲が既発とは言え、どれも良い曲だからだろう。

○そうは言っても誰もが思うように、「斉藤」収録の「罪滅星」と「パズル」、「和義」収録の「カーラジオ」と「Always」、それぞれの2曲の収録を逆には出来なかったのかな? 本人演奏による既発曲をすべて「斉藤」に収録したほうが男らしいと思うんだけどなあ。(ただ、そうしてしまうと「和義」側の1曲めを飾る明るめの曲が思いつかないか)

○シングル曲を除けば、個人的なベストテイクは(既出曲ですが)「パズル」。次点は「天使の猫」と「それから」。

○通して聞いてみて一番強く感じたのは、ガッツリと作りこんだギターソロがほとんど無いという点。どのソロもお茶を濁したような「モゴモゴ」としたフレーズで、しかも短い(まあダラダラと長いよりはマシだけれど)。「Cheap & Deep」、「流星」、「Music」、「天使の猫」、どれにももっとメロディックでガッツリとしたギターソロが入ってきてもおかしくないのだが、ちょっとその辺りが残念。ちなみに、それぞれStray Cats風を小倉博和、ジャージーを内田勘太郎、ブルージーをChar、メロディック・メタル風を高崎晃辺りに、ゲストとして招いてガンガン弾いてもらって欲しかった(贅沢なお願い)。

○そういえば、今回はブルースハープの入った曲が少ないですね。きちんと数えてないけれど「月光」くらい?

○オマケ。錦戸くん、歌上手いな。
Ryo Nishikido (with 斉藤和義) - Puzzle (live acoustic)


日曜日, 10月 27, 2013

星野源 ストーブ ギタータブ

星野源 ストーブ ギタータブ

「未来」のチェックついでに、買ったきりできちんと見てなかった「地獄でなぜ悪い」の初回特典DVDをぼんやりと鑑賞。「ストーブ」の弾き語り映像があったので、ついでにギタータブにしておきました。Capo2、Key=Cの演奏です。

PDFファイルのダウンロードはこちらから

特に注意点はありませんが、Gm7以下の速いコードチェンジ部。4つ目のコードが正直、よくわかりません。間違いに気づいたらまた直しますので、そこはよろしくです。
(あの部分、あんなに速いコードチェンジの必要があるのかな?ブツブツ...)

ハイフレットのGm7とAm7は、星野氏は2~4弦人差し指、6弦中指で押さえています。
この押さえ方はジャズ系の曲でよく出てくるので、サクッと押さえられるとカッコ良いです。

ちなみに、ジャズ系の教則本によっては、このコードの押さえ方の指定はバラバラです。
1) 2~4弦人差し指、6弦中指
2) 2~4弦薬指、6弦中指
3)2弦小指、3弦薬指、4弦中指、6弦人差し指

つまり、どう押さえてもOKということのようですし、前後のコード進行によって、どれが便利とは一概には言いがたいのですが、まあ個人的には1ができれば、あとの2つも即座に押さえられるかなと思うので、1の押さえ方をオススメしておきます。


土曜日, 10月 26, 2013

星野源 未来 ギタータブ

星野源 未来 ギタータブ

では、リクエストがあったので、タブにしておきます。

PDFファイルのダウンロードはこちらから

以下、注意点です。

半音下げ、Gフォームです。
タブにはしていますが、基本的にはコード譜とお考えください。

ところどころで、弾き語り用に変更しています(例えばイントロの高いAの音は、原曲ではラップスティールですが、ここではギターで出しています。またG7は6弦1フレットが正解のように思えますが、一人で弾いているとちょっと違和感があるので普通の1弦1フレットのG7で記載しています)。

あと、D7sus2というのが時々出てきますが、この部分は普通のD7でも問題ありません。
また、サビでのCadd9も普通のC、あるいはCmaj7で問題ありません。弾きやすい方で弾いて下さい。(いずれも個人的な趣味です)

この曲、「知らない」初回限定盤のオマケDVDにライブ映像が入っていたので、改めて見直しましたが、顔のアップと遠景の繰り返しで、手元がほとんど映らず、何の参考にもなりませんでした(笑)。


金曜日, 10月 11, 2013

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2013年 11月号

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2013年 11月号

世間話です。

朝、珍しく午前中に目がさめたので、駅まで行って買ってきました。

発売予定のアルバム2枚の話を中心に、レコーディングで使用したギターの話などがインタビューで語られています。あと、ギターコレクションの写真(以前からお馴染みのや最近増えたものもチラホラ)、ギブソン社から発売されるJ-45シグネチャーモデルの話、ビンテージギター4本の試奏レポート、ギタータブ(「Hello Everybody」、「今夜リンゴの木の下で」「カーラジオ」「Cheap & Deep」「Always」「恋のサングラス」「月光」)、あと、別コーナーの記事で、初心者向けに「やさしくなりたい」の1曲まるごと弾き方解説付きのギタースコアがありました。

なかなか良いのでオススメです。

月曜日, 10月 07, 2013

星野源 くせのうた(追記) ギタータブ

星野源 くせのうた ギタータブ

(追記:2016年06月26日)
Yellow Voyageの弾き語り映像を見ていて、1箇所間違いに気付いたので修正して、タブ譜を上げ直しました。適宜、落とし直してください。
修正箇所は間奏のGmadd9の次のコードを、これまでFmaj7で記述していましたが、Am7が正解でした。あとGmadd9の直前のコードをGm7で記載していましたが、1弦3フレットのG音のみの演奏なので、Non Codeの記載に変更しています。多分これで完全版になったはずです。
(2016年06月追記終了)

間奏部、ツービート in 横浜アリーナを参考に書き直しました。
前奏は「地獄でなぜ悪い」・シングルCD(初回限定盤)を参考にしていますが、ナシでいきなり歌い出すのもよいでしょう。

PDFファイルのダウンロードはこちらから

さて、映像でも分かるように、イントロ部はかなりラフな演奏です。そもそもインテンポな演奏では無いので、完全な譜割りは出来ないため、ザックリとした譜で書いています。一部ちょっと聞き取れていませんが、まあ大体こういう感じというレベルでご利用下さい。

間奏部なかなか印象的ですね。タイミングが取りにくいですが、まあ簡単なので弾いてみて下さい。