月曜日, 11月 02, 2015

斉藤和義 夢の果てまで ギタータブ

斉藤和義 夢の果てまで ギタータブ

新譜出ましたね。ぼちぼちと聴いてますが、今回はやはりドラムのチャーリーのアルバムだなあと思います。あの独特のグルーヴ感が素晴らしいです。

アルバムは全体的にエレクトリックギター・アルバムかなと思いました。アコースティックギターも、メインの座がJ-160Eに移ってきたので、あまりアコギ丸出しのような音の曲は見当たらないですね。

今回のアルバムをボンヤリ聴いていて、この曲は「あれ?これどういうコード進行だろう?」と気になったので、この曲をタブにしてみました。大体合ってると思いますので。
(斉藤さんの曲をタブにするのは久し振りですね)

PDFファイルのダウンロードはこちらから

コードの押さえ方がやや複雑ですが、1つずつ指の位置を記述するのもタブ譜作成ソフト上、難しい作業なので、各自創意工夫で考えて下さい。一応こう押さえた方がいいという押さえ方として。
・2小節目のB7/+5は6弦親指、4弦人差し指、3弦薬指、2弦8フレ小指(2弦7フレ中指-最初から押さえておく)、。
・4小節目のA7add13は、4弦~2弦の5フレットを人差し指でバレーしておいて、3弦6フレは中指、2弦7フレは小指。A7の時は小指を離すだけ(2弦5フレは人差し指のバレーで対応)

最新号のロッキンオンジャパンにインタビュー記事が載ってますが、チャーリーがベタ褒めされてますね。まあ確かに、あのグルーヴはスゴイです。



0 件のコメント: