日曜日, 4月 08, 2012

斉藤和義 新宿ララバイ ギタータブ(追記あり)

斉藤和義 新宿ララバイ ギタータブ(追記あり)

-----------------------------<2018年1月追記>

2017年の弾き語り映像を見ていて、気になったので全面的に修正と追記をしました。
10小節目のE6は、弾き語り映像では弾いてないみたいですね。9小節目のEmaj7のままで弾いていると思います。
基本的には人差し指の第一関節で3弦と4弦(あるいは4弦と5弦)をバレーで押さえて、小指でアクセントを付けている感じ。意外に難しいのは1~2弦の高音弦を完全にミュートして不要な音を鳴らさないようにすることかな。
慣れたら、思ったよりも簡単に弾けますので。

それにしても不思議な歌詞。いつ聴いても、誰が病気で誰のための治療なのか?と思ってしまう。

-----------------------------<2018年1月追記ここまで>

個人的に好きな曲なので。

前奏部のキーボード的なリフをタブ譜にしました。
3連の中抜きシャッフルによる演奏。
原曲のギターのチューニングは、半音下げです。

最新(2015年3月)のライブ映像を見ていて、間違いに気づいたので修正。
レギュラーチューニング。最初のコードは、人差し指で3弦+4弦のバレー、5弦は中指。
以下、この人差し指バレーのフォームを崩さずに演奏すれば、手元を観ずに弾けるはず。

PDFファイルのダウンロードはこちらから


0 件のコメント: