木曜日, 4月 26, 2012

斉藤和義 ベリーベリーストロング ギタータブ

斉藤和義 ベリーベリーストロング ギタータブ

所々で、面白いコード使いが使われていて、それが独特の雰囲気を出しています。

今回はタブ譜と言ってもほとんどコード譜です(ギターのフレーズは単純に8分音符でだけ記しています)。コードストロークの感覚は動画などを参考にして下さい。

譜面上は1弦をほとんど弾かないように記していますが、スタッカート気味のバッキングのため、ベース音から4本分くらい(5フレットのDであれば5弦~2弦、5フレットのAであれば6弦~3弦)を、ポクポクと軽く叩くように弾くと雰囲気が出ると思います(あくまで私見ですが)。もちろん6本全部弾いても間違いではありませんが、多分あの短いスタッカートで6本弾くのはなかなかに面倒だと思いますので、あまりオススメはしません。

スタジオ盤では、ギターが重ねられているため、「月が昇れば・大阪城」のギター1本の演奏を参考にしました。スタジオ盤も大きくは違いません。

PDFファイルのダウンロードはこちらから




0 件のコメント: